人生をめちゃ楽しむ情報を発信します! Enjoy Life!

楽生ブログ Blog For Enjoying Life

お土産(もらって楽しい) Souvenir お菓子 Sweets バウムクーヘン baumkuchen 岩手 Iwate 旅 Travel

不来方バウム

更新日:

Sweets/Souvenir/Morioka City/Iwate/Japan

岩手の盛岡に行ってきました。

I went to Morioka city in Iwate prefecture.

盛岡駅前のモニュメントです。水しぶきのような、イルカのような、植物の蔓のようなモダンなモニュメントですね。

It is a monument in front of Morioka station. It's a modern monument like a splash, like a dolphin, like a vine of a plant.

岩手駅前 モニュメント

さてさて、盛岡駅のお土産屋で、美味しそうなバームクーヘン三兄弟を選んできました。

By the way, at the souvenir shop in Morioka station, I have selected three delicious Baumkuchens.

盛岡のバウムクーヘン 3兄弟

真ん中の紫色の箱の「不来方バアム 」を頂きました。盛岡では有名な「タルトタタン」のバアムクーヘンです。ちなみに、「不来方」は「こずかた」と読みます。

I ate the purple box "Kozukata Baumkuchen" in the middle of the photo. It is Baumkuchen of "Tarte Tatin" which is famous in Morioka city. By the way, the kanji for "不来方" is read as "Kozukata".

不来方バウム

箱を開けるとタルトタタンやお菓子の案内が入っていました。

When I opened the box, there was information about Tarte Tatin and sweets.

不来方バウム 開けてみました

袋から開けた状態です。

This is the state where the bag is opened and the contents are taken out.

不来方バウム 蓋開けました
不来方バウム 一切れカット

細切れをお皿にとってみました。箱の表面にも書かれていますが、「もろみ」を使っているのが特徴です。食感は柔らかく、噛むほどに「しょうゆ」に似た「もろみ」の風味が漂いました。

I took a piece of Baumkuchen on a plate. The feature is that it uses "moromi" as written on the surface of the box. The texture was soft, and the more you chewed it, the more "moromi" flavor it had, similar to "soy sauce."

とても特徴的な味です。昨今はいろんなところでバームクーヘンが作られているので差別化したいのだと思いますが、バームクーヘンに「もろみ味」が合うかというと、あまり合わない気がしますね。もちろん、不味い訳でないです。

It has a very characteristic taste. Baumkuchen is made in various places these days. I would like to differentiate this manufacturer as well, but I feel that the taste of "moromi" does not match Baumkuchen. Of course, it's not bad.

不来方バウム 原材料名

ちなみに、不来方といのは、盛岡の昔からの呼び名で、石川啄木の「不来方の お城の草に寝ころびて 空に吸はれし 十五の心」という短歌は有名ですね。昔、教科書にも載っていたと思います。

By the way, Kozukata is the old name of Morioka. Takuboku Ishikawa's tanka is famous, saying, "When I lie down on the grassland in the castle of Kozukata, my 15-year-old heart seems to be sucked into the sky." It was also mentioned in the textbook.

評価 Evaluation:3

楽生ブログ 5段階 評価:1~5:数字が大きいほど、おいしい

値段/数量:1,296円(税込み)/ 1個
販売者/ タルトタタン

     

おすすめのバウム

【ふるさと納税】イーハトーヴ高原 黄金フロマージュブラン&平泉黄金バウム詰め合わせ

 

バウムクーヘンの起源は? Where is the original place of Baumkuchen?

バウムクーヘンの起源を知っていますか?言葉の響きからするとドイツ語っぽいですね。私も知らなかったので調べてみたので紹介します。

Do you know the origin of Baumkuchen? From the sound of words, it sounds like German. I didn't know it either, so I looked it up and introduce it.

バウムクーヘンはドイツのお菓子で「Baumkuchen」と書きます。 Baumは「樹木」、kuchenは「焼き菓子(ケーキ)」という意味だそうです。「Baumkuchen」は 「樹木のケーキ」という意味なんですね。名前の由来は、層状に焼き上げられたその断面が樹木の年輪に似ている所から名付けられました。日本では今やバウムクーヘンブームで多種多様なお菓子屋さんが特徴的なバウムクーヘンを製造・販売していますが、実は元祖ドイツでは日本での人気とは裏腹にマイナーな存在でケーキ屋やお菓子屋さんのショーケースで見かける事も少ないそうです。その為なのか、バウムクーヘンの起源に対してドイツ以外にも起源説が出ています。それを紹介しますね。

Baumkuchen is a German sweet and is written as "Baumkuchen". Baum means "tree" and kuchen means "baked cake". Therefore, "Baumkuchen" means "tree cake". The name comes from the fact that the layered cross section resembles a tree ring. In Japan, the Baumkuchen boom is now producing and selling Baumkuchen, which is characterized by a wide variety of confectioneries, but in fact, in Germany, despite being popular in Japan, it is a minor presence that shows cake shops and confectioneries. It seems to be rare in cases. Perhaps because of that, there is a theory of origin other than Germany for the origin of Baumkuchen. I will introduce it.

ドイツ起源説 German origin theory

ドイツのザクセン・アンハルト州、ザルツヴェーデルやドイツ東部のポーランドに近いコトブス、チェコにちかいドレスデンなどがバウムクーヘンの起源と言われています。

The origin of Baumkuchen is said to include Saxony-Anhalt in Germany, Salzwedel, Cottbus near Poland in eastern Germany, and Dresden close to the Czech Republic.

脱線しますが、ザクセン・アンハルト州のヴェルニゲローデのお城は、ディズニーの有名なアニメ・ラプンツェルのお城のモデルになったそうです。早くコロナウィルスが収まって気兼ねなくドイツに旅行に行けるようになるといいですね。 

Despite the excursion, Wernigerode's castle in Saxony-Anhalt has become a model of Disney's famous animated Rapunzel castle. It would be great if COVID-19 could converge quickly and travel to Germany without hesitation.

かわいいドイツに会いに行く

コトブスはポーランド国境近くの都市でスラブ系のソルブ人が居住地を築いたのが起源だそうです。現在も多くのソルブ人が住んでいて、道路標識などもドイツ語とソルブ語が併記されているそうです。 

Cottbus seems to have originated from the settlement of Slavic Sorbs in a city near the Polish border. Many Sorbian people still live there, and it seems that road signs are written in German and Sorbian.

  

【ドレスデン風 バームクーヘン】

ドレスデンはエルベ川の平地に作られた都市でザクセン州の州都です。ドレスデンが大きく発展したのは15世紀。フリードリヒ2世の息子アルブレヒトが、兄エルンストと領土を割譲(ライプツィヒの分割)した際に、ドレスデンを中心とする領土を得て、ドレスデンを宮廷都市として栄えたそうです。ちなみに、ドレスデンに繁栄をもたらしたアルブレヒトはザクセン公を称しました。 

Dresden is a city on the plains of the River Elbe and is the capital of Saxony. Dresden developed greatly in the 15th century. When Albrecht, son of Friedrich II, ceded his territory to his brother Ernst (division of Leipzig), he obtained territory centered on Dresden and prospered Dresden as a court city. By the way, Albrecht, who brought prosperity to Dresden, called the Duke of Saxony.

  

リトアニア起源説 Lithuanian origin theory

リトアニアのシャコティスというお菓子が、バウムクーヘンの起源になったお菓子と言われています。こちのお菓子は棘のような枝のような突起が沢山が付いていてバウムクーヘンが幹の形とすると、シャコティスは枝付きの幹の形をしています。残念ながらネット販売はしていないようです。 

It is said that a Lithuanian confection called Shakotis originated from Baumkuchen. This confectionery has many thorn-like branch-like protrusions. If Baumkuchen is in the form of a trunk, then Schachotis is in the form of a stem with branches. Unfortunately, it doesn't seem to sell online.

シャコティス
ゆかしき世界HP

リトアニアはバルト三国の一番南の国で、人口は約280万人ほどです。北にはラトビア、西にはロシア、南にはポーランドがあります。14世紀から15世紀に掛けては、バルト海から黒海に至るまでの広大な領土を有し、ヨーロッパ最大の国土を治めていたそうです。時が変われば国も変わる。特にヨーロッパのように沢山の国が地続きで同じ大陸にひしめき合っている地域はそれが顕著ですね。 

Lithuania is the southernmost country of the Baltic States and has a population of about 2.8 million. Latvia to the north, Russia to the west, and Poland to the south. From the 14th century to the 15th century, it has a vast territory from the Baltic Sea to the Black Sea, and it seems that it ruled the largest national land in Europe. Countries change as time changes. This is especially noticeable in a region where many countries are connected to each other on the same continent, such as Europe.

       

ポーランド起源説 Polish origin theory

ポーランドの「センカチュ」といお菓子が「バムクーヘン」の元祖という説もあります。ポーランド語で「樹木の枝」という意味があります。形はバウムクーヘンよりもリトアニアの「シャコティス」に近いです。バームクーヘンよりこ固めです。しっとりしたケーキというよりはクッキーに近い食感です。 

There is also a theory that a Polish confectionery called "Senkachu" is the originator of "Bamkuchen". It has the meaning of "tree branch" in Polish. The shape is closer to Lithuanian "Shakotis" than Baumkuchen. Harder than Baumkuchen. The texture is more like a cookie than a moist cake.

センカチュ(Ceramika Artystyczna HP)

京都市の「イカリヤベイカ京都」さんが自家製米粉で「センカチュ」を作っています。是非一度、ご賞味ください。

"Ikariya Baika Kyoto" in Kyoto makes "senkachu" with homemade rice flour. Please try it once.

ポーランドの「センカチュ」とリトアニアの「シャコティス」は写真を見てわかるようにとても似ています。地理的にもポーランドとリトアニアは境を接していて近いですが、実はこの二つの国家は、14世紀から15世紀にかけてポーランド・リトアニア共和国という一つの国家だったことがあったんです。 

The Polish "Senkachu" and the Lithuanian "Schacotis" are very similar, as you can see in the picture. Geographically, Poland and Lithuania are close and close to each other. And, actually, these two nations were once a nation of the Republic of Poland and Lithuania during the 14th and 15th centuries.

   

古代ギリシャ起源説 Ancient Greek origin theory

古代ギリシャにまで遡るという説もあります。木の棒にパン生地を紐状に巻き付けた「オベリアス」というのがバウムクーヘンの起源とも言われているそうです。地中海に住んでいた人々は古来からパンを食べていました。クレタ文明、ギリシャ文明、ローマ文明といくつもの文明が地中海で育まれていきましたが、パンの食文化は引き継がれ、数多の種類のパンが作られました。その中の一つが「オベリアス」です。 

There is also a theory that it goes back to ancient Greece. It is said that the origin of Baumkuchen is "Oberias," which is a string of dough wrapped around a wooden stick. People living in the Mediterranean have eaten bread since ancient times. Cretan civilization, Greek civilization, Roman civilization and many civilizations were nurtured in the Mediterranean Sea. Then, the food culture of bread was succeeded and many kinds of bread were made. One of them is "Oberias".

アテネのアゴラで出土したオベリアスの壺絵
ユーハイム 限定販売オベリアス

この一重巻きタイプの焼き菓子は、現代ではオーストリアのバウムクーヘンの形に受け継がれています。オーストリアでは「中世風バウムクーヘン」と呼ばれているそうです。 

Today, this single-wrapped baked confectionery has been inherited in the form of Baumkuchen in Austria. It is called "Medieval Baumkuchen" in Austria.

オーストリアのバウムクーヘン(たびこふれHPより

   

バウムクーヘンの起源のまとめ A summary of the origins of Baumkuchen

バウムクーヘンの起源をまとめると、ギリシャのパン食文化から「オベリアス」という焼き菓子と製法が生まれ、それが地中海一帯に広がりました。それが中世を経て内陸部に北上しオーストリアで「中世風バウムクーヘン」として受け継がれ、ドイツ東部で何層にも焼いていくバウムクーヘンへと進化しました。そしてバウムクーヘンが、更にポーランド、エストニアとヨーロッパを縦断しバルト海沿岸の地方にまで広まり、「バウムクーヘン」の外側に、鍾乳石のような垂れ砂糖を付けた「センカチュ」、「シャコティス」と進化したのだと思います。 

I would like to summarize the origin of Baumkuchen. First of all, a baked confectionery called "Oberias" and its manufacturing method were born from Greek bread culture. It spread throughout the Mediterranean. By the Middle Ages, it was transmitted to the inland area on the north side and was inherited as "Medieval Baumkuchen" in Austria. The "Medieval Baumkuchen" that was introduced to eastern Germany has evolved into a Baumkuchen that burns in multiple layers. Then, Baumkuchen further spreads across Europe and spreads to Poland and Estonia on the Baltic coast, and evolved into "Senkachu" and "Shakotis" with stalactite-like dripping sugar on the outside of "Baumkuchen". To the present. Here is my theory.

今や、日本がバウムクーヘンのメッカへ Japan is now in the Mecca of Baumkuchen

日本がバウムクーヘンのメッカと聞いて「えっ、どうして日本なの?」と思う方も多いと思います。 

I think that many people wonder why Japan is the Mecca of Baumkuchen.

バウムクーヘン起源の記事の冒頭でも書きましたが、現在、ドイツでは「バウムクーヘン」は殆ど作られていません。街中のケーキ屋さんやお菓子屋さんに行っても目にするのは珍しいそうです。日本に来て初めてバウムクーヘンを食べたというドイツ人も多いそうです。 

As I wrote at the beginning of the article about the origin of Baumkuchen, in Germany at present, "Baumkuchen" is rarely made. Even if you go to a cake shop or a candy shop in the city, it is rare to see them. Many Germans say they ate Baumkuchen for the first time in Japan.

ドイツでは「バウムクーヘン作りは長生きしない」と言われているそうです。それはバウムクーヘンを作るためには、長い間、熱い火を受けながら生地を何層にも菓子に付けて焼かないといけないので、その熱の影響でバウムクーヘン職人は早死にする人が多かったからです。とても手間のかかるお菓子なんですね。現在は、バウムクーヘン専用の機械も多くのメーカーで造られていますが、手間や時間、費用がかかるのは変わりません。 

In Germany, it is said that "craftsmen who make Baumkuchen cannot live long". This is because many baumkuchen craftsmen prematurely die because of the heat, because in order to make baumkuchen, it is necessary to attach a number of layers of dough to a cake while baking it while receiving a hot fire. It's a very troublesome confectionery. Today, many manufacturers also make machines exclusively for Baumkuchen, but it is still labor-intensive, time-consuming, and expensive.

日本では、バウムクーヘンの年輪模様が「繁栄や長寿」を暗示していて、お目出たい食べ物で、結婚式での引き出物などで高級菓子というイメージともに広がっていきました。でもヨーロッパにはバウムクーヘンが「繁栄や長寿」を象徴しているという意識はなく、上述のように職人の手間がつまった「苦労のお菓子」という意識が強いそうです。 

In Japan, the annual ring pattern of Baumkuchen implies "prosperity and longevity", and it is a food that you want to see, and it spread with the image of high-grade confectionery as a gift at a wedding. However, in Europe, Baumkuchen does not have the awareness that it symbolizes "prosperity and longevity", and as mentioned above, there is a strong awareness that it is a "hard-made confectionery" that requires a lot of work by the craftsmen.

日本でバウムクーヘンが初めて食べられたのは、第一次世界大戦後です。戦争で日本の捕虜となっていたカール・ユーハイムが、戦後に菓子店を日本で開業しバウムクーヘンを売り出しました。 

Baumkuchen was first eaten in Japan after World War I. Karl Juheim, a Japanese prisoner of war, opened a confectionery store in Japan after the war and launched Baumkuchen.

それから約100年が経ち、日本では多くのバウムクーヘンの魁でもあるユーハイムを始め、数多のお菓子屋さんが、それぞれ特徴的なバウムクーヘンを製造・販売しています。今やその数量、種類、競争は世界一となりました。消費者としての感覚では2010年ぐらいから、バウムクーヘンの種類、流通量が多くなってきた感じがします。 

About 100 years have passed since then, and in Japan, many confectioneries manufacture and sell unique Baumkuchen, including Euheim, which is the pioneer of many Baumkuchen. The quantity, type and competition are now the best in the world. From my point of view as a consumer, from around 2010, I feel that the types and distribution of Baumkuchen have increased.

ロングセラー 日本の元祖バウムクーヘン Long-selling Japanese originator Baumkuchen

ユーハイム バウムクーヘン

ユーハイム・デア バウムクーヘン

    

「バウムクーヘン」記事 一覧へのリンク

Link to article list of "Baumkuchen"

    

               

「岩手 」記事 一覧へのリンク

Link to article list of "Iwate"

  

    

-お土産(もらって楽しい) Souvenir, お菓子 Sweets, バウムクーヘン baumkuchen, 岩手 Iwate, 旅 Travel
-

Copyright© 楽生ブログ Blog For Enjoying Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.