人生をめちゃ楽しむ情報を発信します! Enjoy Life!

楽生ブログ Blog For Enjoying Life

軽井沢 Karuizawa 軽井沢 春の便り Spring Event 野の花 Natural Flower

浅間の最後の残雪

更新日:

2020年

2020年は浅間山の残雪が6月まで残っていました。動画を撮ったので、ブログに追加しました。今年は4月から冷たい日が多かったですね。冷夏になるのでしょうか?

軽井沢の母なる山、浅間山。六月に入ってもまだ山頂部には残雪が白く輝いていました。映像のZoomUpの最後の方で、少しぶれていて、すいません。

Mount Asama is the mother mountain of Karuizawa. In June 2020, the remaining snow was still shining white at the top of the mountain even in June. At the end of the image, the image has moved up and down a little, sorry.

    

今年最後の春の便り

5月23日 浅間山の最後の残雪が消えました。今年の 「軽井沢 春の便り」もこれが最後で、次回からは「夏の便り」に変更となりますね。

軽井沢の森は新緑に彩られています。その緑の海で、薄紫の小島のようにまとまって藤が咲いています。藤の紫は淡く優しく上品です。藤色、つまり紫色は古代から日本人の好きな色で冠位十二階などでも最高の色でした。しかし、自然界において、藤はただ美しいだけではありません。弱肉強食の中で大きな樹木に巻きついて生き残ってきたのです。外見は上品で優雅ですが、その生き様は、泥臭く、生命力に漲っています。時には絡みついた木々を締め付けて枯らすこともあります。古くから日本に生きる人々は、そんな藤の美しさと強さに、惹かれたのでしょう。

小満の頃を迎えた軽井沢は、今、たくさんの花々が競演しています。順次、初夏の花を更新していきますのでお楽しみに。

 

小満って何?

一言でいうと、小満(しょうまん)というのは季節の名前です。1年を4つに分けたのが「四季」で春夏秋冬ですね。そして、1年を24に分けたのが「二十四節季」です。1年が12ヶ月なので、ざっと半月毎に分けた季節というイメージですね。小満は、その二十四節季のうちの一つの季節で、だいたい5月21日ごろです。

小満の意味は、「草木の枝葉が茂り、動物たちが積極的に活動し始める」という意味です。軽井沢でも、田んぼに水が張られ、森や里は、清々しい緑で満ちています。個人的には、小満~芒種の頃の軽井沢がもっとも好きです。日本が自然の営みを基に作ってきたのが二十四節季です。二十四節季に興味がある!もっと知りたい!という方は、暦の風景という本をご覧ください。季節感たっぷりの日本の原風景の写真もたくさん掲載されていて、とても読みやすくためになりますよ。おすすめです。

暦の風景/ Amazon

 

軽井沢の小満の頃の花々をまとめた本はこちらです
エッセイ、マップ、イラストを交えて楽しく紹介しています
軽井沢 花の森 花の道 2 薫風編/ Amazon

 

 

-軽井沢 Karuizawa, 軽井沢 春の便り Spring Event, 野の花 Natural Flower
-

Copyright© 楽生ブログ Blog For Enjoying Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.